キャッシングとローンには違いがあるのか 2014年10月26日

ャッシングとローンというと、どちらも同じようなイメージを抱く人が大半を占めるのではないかと思います。確かに、どちらもお金を借りることなのでこれといった違いはないと思います。特に現在は色々なサービスが誕生しているので、キャッシングとローンの差は不透明になっていることが多いと考えられます。

 

個人の依頼に対して少額を融資する事や一度に返済する事をキャッシング、多額で返済期間が短期では不可能な場合をローンと呼ぶ傾向が多いと思います。しかし、現在のキャッシング業者は分割払いやリボルビング払いのサービスを行っている業者も多いのでそのことを考えるとキャッシングとローンをはっきり分けることは判断が難しいと思います。なのでキャッシングやローンと言った言葉だけで安易な決断をするのではなく、利用する金融会社のサービスを事前にリサーチしてから利用することが大切です。

 

キャッシングとローンに共通して言えることは、どちらも借金をするという事です。借りたお金は、必ず返す義務があります。最近はカード一枚で即日融資が可能なサービスを行っている会社も増えているから、安易に借りてしまい返済のことをついつい忘れてしまっている人が増えています。利用するときは、きちんと計画を立てて上手に活用しましょう。

審査の基準はどうなっているのか 2014年10月22日

融資を受けるならできるだけ金利の安い所を選びたいものです。比較的安いというと銀行カードローンですが審査に通るのが難しく借り入れできなかった、という経験をした人は多いことでしょう。

 

しかし近年、銀行カードローンによる審査の基準も変わってきました。以前と比較するとかなり下がっており、より多くの人が融資を受けられるようになってきました。
というのも国内には消費者金融が数沢山存在するようになり、審査も銀行ほど厳しくないゆえに多くの顧客を獲得しています。

 

銀行カードローンも利益を得なければなりませんから顧客獲得競争に加わらざるをえません。
こうした傾向のゆえに最近では銀行カードローンの中にも様々なサービスを提供してきたり審査の基準を緩めたりするところが出てきました。
学生やフリーター、主婦の場合数十万円は難しいかもしれませんが数万円なら融資してくれることがあります。

 

しかし今だ審査が厳しく、学生やフリーター、主婦などには融資していないところもあります。
銀行カードローンではあらかじめ審査の基準を提示している所もあるので申し込む前に自分が融資を受けられるかどうか判断することができます。

借り入れが恐いと思ったらまずシミュレーション 2014年10月18日

銀行からお金を借り入れると聞くと、借金というイメージがあり、抵抗を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。ですが、どうしても急にお金が必要になるなど、借り入れをしなければならない状況に出くわす可能性はないとはいえません。

 

もしお金を借りる必要性がでてきた場合、消費者金融よりも銀行のカードローンを選ぶとよいでしょう。なぜなら、銀行のほうが強引な取り立てもなく、金利も低く抑えられるからです。

 

借金の返済に対して不安がある場合は、まずシミュレーションをしてみることをお勧めします。

 

シミュレーションをすると、借り入れをする額などを元にして、月々の返済金額や返済の期間、金利などを自動で計算してもらうことができます。また、他の銀行の金利と比較して計算してくれる銀行もあります。ですから、借り入れた後の返済の予測がつき、借り入れに対する不安が少しは解消されると思います。

 

シミュレーションは、カードローンのある銀行や、ローンのサイトなどで利用可能です。誰でも利用できますし、回数の制限もありません。

 

シミュレーションをせずに借り入れをした場合、実際に返済してみると想像以上に返済が厳しいといった事態になるかもしれません。ですから、借り入れをする際にはシミュレーションをしてください。シミュレーションを行った際に、返済することが難しいと感じた場合には、借り入れをやめるなどの判断もすることができます。シミュレーションはあなたの身を助けるといっても過言ではないでしょう。

無職でも融資は受けられる? 2014年10月11日

無職というだけでその人の人格を疑ってしまいますよね。
ましてや二十歳を超えた人が学校にも通わずにいたら尚のことです。

 

さてこんな職のない人でもお金を融資してもらうことは可能なのでしょうか。
それを見分けるにはこの無職の状況をどのように捉えるかを考えていかなければなりません。

 

なぜなら定職に就いていなくても毎月収入があることもあるのです。例をあげれば投資をしている方です。
FXや株、不動産投資などでも構わないのです。

 

そのようなもので毎月一定額の収入を獲得しているのでしたられっきとした仕事をしていなくても銀行カードローンを利用できる可能性があります。
年金もきちんとした収入と考察されます。年金で生活している人は、そんなに多いとは言えないですが毎月お金が安定して入ってきます。

 

銀行カードローンの多くは年金の支給日に返済する分の収入が入金されると断定されるのであれば利用は可能です。

 

銀行カードローンの応対は学生や無職の方、或いは主婦などによって変化してきます。
やはり高いハードルになりますのでスムーズに事を運びたいなら、アルバイトなどをしているほうがいいでしょう。
家事手伝いなども同様です。収入をオークションなどで得えている人は見分けが難しいのです。

 

自営業という見方もできなくもありません。こういうことの審査基準も各銀行カードローンで違ってくるでしょう。
仮に申し込みをする場合は『無職』と記載せずに『自営業』として、毎月一定の収入があることを申告してください。

 

銀行カードローンで融資を受けるのに大切なことは仕事をしているかではなくて、毎月一定の収入があるのかどうかなのです。
何の問題もなく融資を受けることは無職の状態でも可能な場合があることを覚えておきましょう。

銀行のカードローンの申し込みについて 2014年10月9日

銀行のカードローンの申し込みは近年簡略化していると言われています。では、銀行からカードローンで借入れをする手順について取り上げてみます。

 

カードローンの申し込み方法は、インターネットでの申し込み、郵送、電話での申し込みなどの種類があります。ですが申し込みの流れはどの方法でもだいたい同じです。以下が標準的な流れとなります。

 

1.利用規約などをよく読み、同意します。

 

2.本人の情報を登録します。

 

3.本人の情報や収入などを元に、銀行側が審査を行います。

 

4.電話、メールなどで審査の結果がわかります。この時点ではまだ仮申し込みの場合が多いです。

 

5.カードが手元に届き、本契約となります。本契約が成立すれば、いよいよ自分の希望するときにカードローンで借入れをすることができるようになります。

 

その他、利用する銀行によっては限度額の確認があったり、登録する項目が違ったりします。ですが、指示どおりに登録していけば、さほど難しいことはないと思います。

 

銀行の窓口や電話で申し込みをする場合は、営業している曜日や時間に気を付ける必要があります。各銀行に問い合わせてみるとよいでしょう。
また、インターネットを利用すると、曜日や時刻に関係なく申し込みができます。これがインターネットで申し込むメリットです。

 

銀行のカードローンを利用する際には、十分に情報を収集する必要があります。なぜなら、銀行によって借り入れが可能な条件が違ったりするからです。収入や年齢のことなど、きちんと確認したうえで、自分が希望するカードローンに申し込むようにしましょう。

 

以上、銀行のカードローンの申し込みについてでした。