銀行カードローンと他の金融機関はどう違うか

銀行カードローンも各社金融機関で行っているキャッシング、カードローンも融資を受けることに変わりはありませんが明確に言ってどんな違いがあるのかはっきり答えられる人は少ないかもしれません。

 

大きく分けて金利、審査、安全性の面で相違点が見分けられます。

 

(金利と審査)
銀行カードローンの金利は他の金融機関よりも低めに設定されています。
その分融資を受けるための審査の基準がかなり厳しくなります。
なぜなら銀行は融資だけで利益を得ているわけではないのでカードローンの顧客が多くなくても他で十分利益を得ているからです。
銀行カードローン確実に返済できる人を対象としていて貸す側の安全性を保っているのです。

 

(安全性)
この場合安心と信頼に言い換えることもできます。
少し前の消費者金融利用者の体験を聞いたことがある人なら借金の請求に怖いイメージを持っているかもしれません。
もし返済期限を過ぎても支払いができないと法外な利子を上乗せしたり、自宅までしつこく取り立てにきたりする業者のことで社会問題になったことがあります。
銀行カードローンは万一返済期限に間に合わなくてもそうした脅しによる手段を使ったりすることはない、という点で安心して利用できます。
しかし返済の義務があることには変わらないので注意が必要です。

Comments are Closed on this Post.