キャッシングの乱用にご用心

昔はお金を借りるという行為にはマイナスのイメージが付きまとっていました。

 

しかし時代は変わるものです。今ではテレビをつければキャッシングを勧めるCMが頻繁に流れていますし、インターネットでも金融業者の広告を見ない日はないといっても過言ではないほど宣伝活動が日常的に行われています。人気のあるタレントや愛くるしい動物をイメージキャラクターに据えることで、キャッシング業界はとてもポピュラーになりました。

 

しかし、キャッシングがれっきとした借金であることに変わりはありません。「低金利」、「高額融資」、「即日融資」といった甘言に惹かれ、ついついキャッシングに頼ってしまう利用者が多いようですが、借りたお金はどんなことがあっても返済しなければいけません。

 

もしも返済義務に違反すれば、華やかなイメージとは真逆の厳しい取立てが行われます。連日にわたる支払い催促の電話連絡がかかってきたり、不気味な通知状が送られてきたりします。滞納が進行すれば、やがては裁判沙汰になって自己破産に追い詰められるリスクさえあります。

 

もちろん、これはあくまでも最悪のケースです。きちんと契約を守った返済に努めれば、キャッシングの利用自体には何の問題もありません。

 

あまりにも簡単にお金を引き出せるので自分の金だと錯覚しがちですが、キャッシングのお金は借金なのだということを忘れてはいけません。システムの手軽さに溺れることなく、正常な金銭感覚を保ちましょう。そして、くれぐれもキャッシングの利用は計画的に行いましょう。

Comments are Closed on this Post.